トレチノインでシミやニキビ跡を消す!

トレチノインは、ビタミンA誘導体で、お肌のシミやシワ、ニキビ痕、火傷の痕、毛穴の開き等の改善に役立ちます。

 

皮膚の角質をはがして取り除き、表皮の細胞を分裂、増殖を促進し、皮膚を再生します。つまりトレチノインをシミなどに塗ると、皮膚がボロボロはがれて強制的に新しい綺麗な皮膚にしてくれるという事です。

 

ピーリングの場合は、肌の表面の古い角質を取り除く効能がありますが、トレチノインはそれだけではなく、皮膚の再生までを担っています。ですから、効果が全然違うんですね。

 

使い方にはちょっと注意が必要なクリームですが、今までピーリングなどで改善できなかった、できてしまったシミやニキビ跡も消す事ができるので利用者も多いです。

 

 

トレチノインをシミ治療に使った場合、トレチノインがメラニン色素を外側に押し出す効果があります。ハイドロキノンのクリームをトレチノインと一緒に使うと、メラニン色素を作るのを予防する効果があるので、できれば併用するのがお勧めです。

 

トレチノインは、ビタミンA誘導体ですからビタミンAそのものより100倍から300倍もの効果を発揮します。今最も効果の高いシミ消し治療薬と言っていいでしょう。

 

というか化粧品ではなくて、病院でしか購入できない処方薬になっています。ですのでトレチノインは、ドラッグストアなどでは入手できませんので、取り扱いのある皮膚科等で処方してもらうか個人輸入で購入するようにしましょう。

 

↓トレチノインが買える通販サイト

 

トレチノインの効果は?

 

トレチノインが効果を発揮する主な症状

シミ・そばかす、ニキビ痕、小じわ、毛穴の開き、老人性色素斑、火傷の痕など

 

 

 

ニキビやニキビ痕に効果的なので、ニキビ体質のお若い方や、ニキビ跡が何年〜何十年経っても治らない方にも試す価値があります。毛穴の開きを改善してくれるため、キメが整い美白効果があります。シミやそばかす、火傷の痕等、目立ってとても気になるお肌の悩みを消してくれます。

 

使い方には本当に注意が必要ですが、今までここまで消せるものはなかったので効果面では凄いの一言です。従来の化粧品や薬では、シミやそばかすに効果が無かった方でも、トレチノインは強力な効き目がある上、安価なので使って損はありません。

 

小じわ対策にもなるので、アンチエイジングにも効果的です。

 

目元や口元の小じわにも有効ですが、くっきり残って気になる首元のシワにも塗布すると効果的です。ブツブツのイチゴのような小鼻にも継続して塗っていくと徐々に目立たなくなります。

 

イチゴ肌はなかなか治りにくいですが、トレチノインは徐々に角栓がニュルニュルと出てきて、とても効果を感じやすいです。お肌の悩みの多くをカバーしてくれるので、お若い方にも、ご年配の方にも多くの方にトレチノインがお勧めです。

 

⇒トレチノインでシミを消したい!

 

トレチノインの濃度による効果の違い

 

トレチノインは、色んな濃度があり、医師の処方も受けないまま、高濃度を使うのはとても危険です。ここでは、濃度に対してどのような効果が出たかを具体例として挙げておきます。

 

お肌は人それぞれ違うのであくまでも目安としてご覧ください。

 

トレチノイン0.01%の場合

赤みが出ず肌の改善もほとんど感じませんでした。

 

トレチノイン0.025%と0.05%の場合

赤みが出ないまま、塗って2〜3日経つと塗った部分の皮は剥けました。

 

トレチノイン0.1%の場合

塗った時には特に何も起こりませんが、2〜3日経つと、熱を持った感じで赤くなり、1週間程度で皮が剥けます。それから5日間程度はずっと皮が剥けた状態になりますから、広範囲に塗った場合は特に見た目の影響があります。

 

トレチノイン0.4%の場合

これはかなり濃度が高いので、私の肌ではきつすぎます。お肌が真っ赤になりますからそれ以上に使用できないと判断しました。トレチノインは、調合してから1ヶ月程度しか持たないと言われていますが、0.4%の場合は、しばらく時間が経ってもまだ効き目があると言うくらい、強いです。

 

使用に最適だった0.1%の4倍の濃度ですから無理もありませんね。おそらく0.1%が、皮膚科でもよく処方される濃度ではないかと思われますので、初めての方は0.1%か副作用が怖い人はちょっと抑えて0.025%か0.05%の濃度から始められるのが良いと思います。

 

⇒トレチノインでシミを消したい!

 

トレチノインの副作用やデメリット

 

トレチノインは、塗り薬の中ではダントツと言って良いほどの効果をもたらします。

ゆえに副作用も出やすいお薬でもあります。

 

トレチノインの軟膏は、数種類に濃度が分かれていますので、できれば医師に相談しながら濃度を決めましょう。どうしても合わない場合は、トレチノインではないピーリング+ビタミンCなどの他の治療方法を勧められるはずです。

 

トレチノインは、ピーリング効果も強いので、塗布して数日後に皮が剥けます。
お肌に合っていても剥けてきますから、初めて使う際にはちょっと驚くかも知れません。

 

トレチノインは、強制的に代謝を早めることでメラニンの排出を促します。

 

トレチノインを塗り始めてから数日〜1週間の間に塗った部分の皮膚が赤くなってヒリヒリし、皮が剥けて粉ふきいものようになります。強い日焼けをすると肌が赤くなる経験が多くの方にあると思いますが、塗った部分はそんな感じでかなり赤みを帯びて、派手に皮が剥けます。

 

 

これは、効果がしっかり出ている証拠です。

 

赤くなって皮が剥けることで効果がでますから、内緒でやろうと思ってもなかなか難しいです。

 

ご存知ない方には、「顔が赤いし皮も剥けてる、絶対に肌に良くないよ」と言われることもあるでしょう。心配して言ってくれているのでしょうが、トレチノインはそういうお薬なので第三者の言うことは気にしなくて良いでしょう。

 

↓トレチノインが買える通販サイト