トレチノインの副作用

トレチノインの副作用は、一言で言ってしまえば使う前より肌がひどい状態になる場合があるということでしょう。

 

トレチノインはそもそも角質をすごい速度で引き剥がして無理やり新しい細胞を作り出すという作用を持っていますので、この部分に関することは副作用とは言えません、それこそが作用です。

 

皮膚を剥がすわけですから、当然痛みや赤味が出る場合もありますし、腫れ上がったり皮膚がボロボロに剥がれ落ちることもあるでしょう。炎症が強く出て顔中真っ赤になる場合もあるかもしれません、でもそれが作用ですので、副作用ではありません。

 

問題は、炎症が治まった後に色素沈着が起こって顔中にシミが出来たり、はげしく乾燥することで高齢者のような深いシワが出る場合があることでしょう。

 

これはトレチノインの作用によって肌が老化してしまうことになりますから、副作用と言えます。

 

特に治療中に紫外線にあたったり、保湿が足りなかったりした場合には起きやすい副作用で、濃度を間違えていたり肌質に合わない薬剤を使ったりすることで起こりやすくなるものです。

 

冷静に考えて、肌を剥がしてその分を自力で新しく作り出すわけですから、その間のスキンケアは手術並の配慮が必要なことは当然ですね。バリア機能が一気に失われるわけですから、本来なら外に出ないでほしいくらいの保護をしたいところです。

 

トレチノインの場合は作用自体を副作用と間違えて怖くなる人が多いように見受けられます。治療がどの段階なのか、どのような対処が正解なのかは、専門医の指導を受けるよりほかないでしょう。