トレチノインでイチゴ肌を治す

小鼻の毛穴がイチゴのツブツブのようになってしまうと見た目も悪く、肌触りもざらついて嫌ですよね。ファンデーションのノリも悪いですし、基礎化粧品もなかなか浸透しません。

 

小鼻のブツブツが気になった場合、基礎化粧品ではなかなか劇的な効果は望めません。そこでトレチノインとハイドロキノンを併用して小鼻のブツブツを治すことが可能です。

 

さらに基礎化粧品には、ノンアルコールでビタミンC誘導体が入っているものを使いましょう。

 

トレチノインとハイドロキノンを塗布し始めると、
お肌のターンオーバーが活発になるため、黒ずみにすぐに効果が現れました。

 

しっかり炎症反応を起こせば、1週間以内に塗った部分の皮膚が赤くなって皮が剥けます。
赤くなって皮が向けなければ、トレチノインの濃度と効果が弱かったということになります。

 

1ヶ月も経つと、皮も剥け終わって赤みもだいぶ引いてきます。
トレチノインを使う前と比べると、かなり毛穴の状態が改善されます。

 

これを何度か繰り返して3ヶ月使ったら2週間程度はお肌を休めましょう。
また、夏になったら一旦、治療をお休みするのも良い選択です。

 

私のように小鼻のブツブツがかなり目立っていた場合は、周囲からも「なんだか、お肌が綺麗になったよね」と気がついて貰えました。

 

完璧とは言えませんが、何度か繰り返してかなり見違える程の効果が出ました。