トレチノインが効かないシミとは?

トレチノインは非常に強い劇薬で、肌を剥がしてあたらしく張り替える治療だなどと言われますが、それでもあまり有効ではないとされるシミが少なくありません。

 

ここまで強いトレチノインでも、やはり万能ではありませんので治療に向くシミなのか向かないシミなのかはまず最初に診てもらう必要があります。お金をかけて必死に痛みや赤味に耐えていても、ほとんど効かないシミだったなどという可能性もあります。

 

例えば、一言でシミと言ってもいろいろあり、顔にある色素という意味ではほくろもシミに分類されます。一見ほくろのようですが、生まれつきある黒いあざは色素性母斑、茶色くたくさん散剤するのはそばかすです。

 

肝斑(かんぱん)は近年知られるようになりましたが、頬骨の上や額などに左右対称に広がる薄茶色のシミです。肝斑に似たもので、扁平母斑という思春期に多く発生する茶色から黒のシミもあります。

 

加齢によって多く現れるのが日光性色素斑で、老人性色素斑とも言われます。

 

その他にもキズややけどによる炎症性色素沈着などもありますが、中には皮膚がんのシミもありますので、注意が必要です。

 

この中でトレチノインがあまり効かないシミは、ほくろや色素性母斑、取れにくいのが肝斑、一時取れてもまたすぐ再発するのがそばかすや扁平母斑です。

 

上記に含まれない老人性ゆうぜいという茶色いイボや、後天性真皮メラノサイトーシスという黒っぽいシミは、通常はレーザー治療を必要とします。

 

自分で勝手にシミだと思っていても、実は原因と治療が異なる場合があるので注意が必要です。