トレチノインが効果的な疾患とは?

トレチノインによる治療が美容皮膚科で行われる主な疾患は、しみ、そばかす、しわ、にきび、にきび痕、肝斑(かんぱん)、炎症性色素沈着などです。

 

しみやそばかすの治療に関しては、ハイドロキノンという薬効成分と合わせて治療が行われる場合が多いです。炎症性の色素沈着というのは、肌になんらかの炎症が起きた後に残ってしまうアザのようなもので、虫に刺された痕ややけどなどを負った痕が残ってしまっている場合が該当します。

 

にきび痕の治療はとても難しいとされていて、最近ではレーザーによる治療なども行われていますが、トレチノインでも改善が期待されています。

 

肌がへこんでしまうにきび痕は、真皮のコラーゲンを再生する必要があるため通常の肌表面からのアプローチではなかなか元通りに戻すのは大変だとされてきました。

 

細胞が死んで線維化してしまっている部分もありますので、周りの組織でいかにカバーするかが問題となります。トレチノインが成果をあげることが出来れば、長年の悩みが解消する人も増えることでしょう。

 

部分的にどうということではなく、顔全体のアンチエイジングとして使用されるケースも最近では増えてきているようです。レーザーにしろ、薬物にしろ、要は真皮の肌細胞生産工場の活性化ですから、どのような形でアプローチするかの違いでしょう。

 

ただ、レーザーなどは専門のマシンがあるところでなければ施術が受けられませんが、クリームであれば自分で治療が進められる点がメリットとなります。