トレチノインの基本的な使い方

トレチノインの一般的な使い方をご紹介します。

 

まずは洗顔します

まず、AHA等の角質除去成分が入っている洗顔ソープ類を泡立てネットでよく泡立てて優しく洗顔します。体温よりぬるめの水温でよくすすいでから、タオルで水滴を取るように優しく拭き取ります。

 

次に保湿

化粧水や乳液はノンアルコールでビタミンC誘導体が入っているものを使いましょう。

 

次にトレチノインを塗布

トレチノインの効果が必要なシミやシワなどの部分だけに指か綿棒で薄く丁寧に塗布します。

 

次にハイドロキノンを塗布

次にトレチノインが十分に乾いてからハイドロキノンを塗りましょう。

 

ハイドロキノンは、肌の漂白剤とも言われ、メラニン抑制効果があり、シミができないようにします。日中なら、外に出なくても必ず日焼け止めクリームを塗りましょう。

 

なるべく夏以外にトレチノインを使うのが好ましいと言われていますが、日焼け止め対策をしっかりやれば可能です。トレチノインは、ずっと使い続けると効果が薄れてきますので、3ヶ月程度使ったら2週間程度休んだほうが効果が出やすいです。

 

トレチノインには、色んな濃度があります。濃いシミには、0.2%の濃度の高いタイプを使い、首の大きなシワには濃度の低いものなど使い分けすると良いでしょう。