トレチノインとは?

トレチノインとは、ビタミンA誘導体の一種のことです。
レチノイン酸の中でも二重結合が全てトランス型のオールトランス異性体です。

 

トレチノインは、ニキビ薬や美白・美容に用いられる外用薬ですが、日本では未承認医薬品の部類です。東京大学医学部附属病院などの一部の大学病院や皮膚科、形成外科で院内調剤された軟膏の処方を受けることが可能です。

 

また、アメリカやタイやニュージーランドからの個人輸入の商品がインターネットで比較的安価で入手することもできます。トレチノインは、ハイドロキノンと組み合わせて使われることも多いようです。

 

トレチノインとハイドロキノンを組み合わせれば、「小じわ」、「ニキビ・ニキビ痕」、「シミ・そばかす」、「毛穴の開き」、「老人性色素斑」、「火傷の痕」等に効果があります。

 

効果は、従来の医薬品や化粧品などとは比べ物にならないほどすごいと言われています。
若い方のニキビ痕から、年齢を重ねた方のシミ対策にも有効です。

 

トレチノインは、強力なピーリング効果や漂白作用があるため、まずは医師に相談してから使い始めるのがお勧めです。トレチノインの濃度によっては、顔に赤みが出たりする副作用も見られますから、慎重に使い始めるのが良いでしょう。

 

トレチノインの取扱いは注意が必要です

 

トレチノインは、劇薬です。最初に怖がらせるようなことを書きますが、これは確実に間違いのないことですので、認識が甘いまま使うようなことが無いよう、はっきりと述べておきます。

 

トレチノインは医薬品ですが、日本国内では基本的に未認可です。

 

上記で述べましたが、ごくごく限られた専門の大学病院でのみ一部処方が認められていますが、それはおそらく今後日本国内の医療機関でどのように使用を認めていくべきか、いかないべきかを判断するために、知識のある一部の病院で臨床実験的に取り扱われているに過ぎないでしょう。
それほどまでに大変な劇薬です。

 

トレチノインというのはオールトランスレチノイン酸のことです。
ビタミンAの誘導体であり、身体の中でビタミンA類のはたらきをする本体です。
人間の体内にもありますが、ごく微量です。
拒否反応を起こしにくいという点ではメリットがあります。

 

アメリカで皮膚の治療薬として医薬品認定されており、アメリカの国の機関であるFDAが認可している皮膚の治療薬です。日本未認可のため個人でアメリカから輸入する人もいますが、上記のような薬物であることを知らずに安易に顔に塗ることで、大変な思いをしてしまっている人がいることは忘れてはいけません。

 

トレチノインは病院で正しく処方されても、患者が使い方をいい加減にすると大変なトラブルが起きてしまう薬物です。どういった治療であり、どの段階でどのような量の薬をどのように塗るのか、理解した上で使用するしかないものです。